日本人の薄毛について

みなさんはじめまして、さいとうです。
突然ですが、この日本に、「薄毛」に悩む人がどれぐらいいるのかご存知ですか?正確な統計データはありませんが、1,200万人とも、4,000万人とも言われています。驚きですね。日本人の人口はおよそ1億3,000万人なので、そのうちの少なくとも10%、多いデータでは30%以上ということになります。ただ、世界にはもっと薄毛人効率が高い国もあります。でもハリウッドをはじめとした海外の人たちは、薄毛になってもあえてのスキンヘッドや自分に似合う髪型で、むしろ渋みを増している人が多い気がします。

例えばジャン・レノ。

映画『ザ・スクワッド』公式サイトより引用
なぜかあまり薄毛というがありませんが、名作『レオン』のころの映像を改めて見てみても、だいぶ後退しているなと思います。

あるいはブルース・ウィリス。

映画『バッド・ウェイヴ』公式サイトより引用
完全にスキンヘッドですが、それがむしろ渋いですよね。

他にもジュード・ロウやジェイソン・ステイサムなど、名前を挙げればキリがありません。
そんな中で日本では、「薄毛、ハゲ=恥」という考え方が蔓延してしまっているような気がします。これは非常に残念なことだと思います。薄毛を前向きに受け止めて、薄毛だからこそのオシャレを楽しんでほしいと思うのですが、意識を急に変えるというのも難しいもの。そこでこのサイトでは、私が知っている薄毛対策をまとめてみました。