食生活を改善して薄毛の進行を食い止めよう

「薄毛対策としてマッサージや育毛剤をしているものの、なかなか症状が改善しない」という悩みを抱えている人は少なくないでしょう。そういう時には、「食生活が薄毛を悪化させていないだろうか」と考えてみてください。毛髪は骨や皮膚などと同じく体の一部であり、成長に必要な栄養素が足りていなければ成長は見込めません。

「脂分の多い食事」は薄毛を悪化させる主な原因です。脂の多い肉や魚卵などは、摂取量が多くなると皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。皮脂は肌や毛穴を保護してくれる一方で、過剰に分泌されると固まって毛穴を詰まらせてしまうというデメリットがあるのです。毛穴が詰まっていると、どれだけ育毛剤を塗布しても毛根まで浸透して行かないため、ほとんど育毛効果は期待できません。また、皮脂で固まった毛髪は栄養が行き届かなくなるため、非常に抜けやすいだけでなく、新しい毛も生えにくくなってしまいます。ですから、薄毛で悩んでいる人は脂分の摂取に気を配ることがとても大切です。

「いつも外食をする」というのも薄毛の原因となり得ます。コロッケやフライ、唐揚げなど外食で一般的に見られるメニューは、脂分が多いだけでなく、カロリーも非常に高いという特徴があります。カロリーが高い食事を続けていると、血液中の脂分が多くなって血流を阻害してしまいます。血流が悪くなると、体の各部に栄養素が十分に行き渡らなくなるため、結果として薄毛の症状が悪化してしまうことがあるのです。ですから、外食をする場合には、揚げ物は極力控え、茹でたり蒸したりした料理を選ぶようにしてください。また、追加でトッピングが可能であるなら、豆腐や納豆など、毛髪に必要なタンパク質を豊富に含んだ食材を意識的に取り入れるようにしましょう。

「間食はよく選ぶ」というのも非常に大切です。既製品のドーナッツやビスケットなどには、バターの代わりにショートニングがたっぷりと使われています。このショートニングは大変カロリーが高いだけでなく、体内の悪玉コレステロールを増加させてしまうというデメリットもあります。悪玉コレステロールが増えると血中の活性酸素が多くなるため、結果として頭皮への栄養補給が滞ってしまうのです。ですから、「小腹がすいたな」という時には、既製品のお菓子ではなく、果物や野菜スティックなどで補うようにしましょう。これに豆乳を合わせて摂取することで、栄養バランスは非常に良くなります。
下記のサイトでも、食生活と薄毛との関連について詳しく述べられています。
厳選AGA 食事を見直して薄毛を治す!