薄毛の改善に効果がある栄養素とは?

薄毛を引き起こす原因の1つとして「栄養バランスの偏り」が挙げられています。では、新しい毛髪が生え出るようサポートするためには、どんな栄養素を摂取すると良いのでしょうか。

毛髪の9割以上は「タンパク質」で構成されています。特に、「ケラチン」という物質がその大半を占めています。ですから、上質なタンパク質を摂取してケラチンが頭皮へ行き届くようにすることが要となります。毛髪に良いタンパク質は大豆製品や乳製品から摂取することが可能です。特に、納豆や豆腐などの大豆製品には、高品質のタンパク質に加えて、ホルモンバランスを安定させて、自律神経の働きを整えてくれる「大豆イソフラボン」もたっぷりと配合されています。カロリーも高くないので、可能であれば毎食に大豆製品を取り入れると良いでしょう。

質の良いタンパク質は青魚や豚肉にもたっぷりと配合されています。とりわけ、豚肉にはタンパク質に加えて肌を健康な状態に保ってくれるビタミンBも豊富に含まれているので、頭皮環境の改善には大変効果的です。ただし、肉や魚を調理する際には、油の使用を極力控え、蒸し料理や煮込み料理などに活用すると良いでしょう。

2つ目の栄養素は「亜鉛」です。亜鉛はケラチンの産生を直接サポートしてくれる栄養素であり、これが不足すると薄毛の症状が悪化しやすくなります。加えて、亜鉛には「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。DHTは毛髪が抜けるように信号を出す「脱毛因子」を増やす作用があり、DHTが増えることで薄毛の症状が悪化すると考えられています。亜鉛を定期的に摂取することで、DHTの産生および脱毛因子の生成を抑制することができるため、結果として薄毛の症状が改善するのです。亜鉛はレバーや牡蠣などに多く含まれています。もし新鮮な食材が手に入りにくいという場合には、亜鉛のサプリメントを活用するのも良いでしょう。

3つ目の重要な栄養素は「ビタミン」です。特に、発毛を促す栄養素としては、果物や緑黄色野菜に多く含まれている「ビタミンC」、およびくるみやホウレンソウに多く配合されている「ビタミンE」が効果的とされています。この2つの栄養素をどちらも豊富に含んでいる食材として「レモン」が挙げられます。ただし、レモン果汁に火を通してしまうとビタミンCは失われてしまうので、フレッシュジュースやサラダのドレッシングなどに活用すると良いでしょう。