シャンプーの選び方と使い方を見直そう

頭皮が清潔な状態になっていないと、毛髪が抜けやすくなって薄毛の症状が進行してしまいます。ですから、毎日シャンプーをして頭皮の汚れを落としておくことはとても大切です。とはいえ、シャンプーのし過ぎが薄毛の症状を悪化させることもある、ということも覚えておきましょう。

シャンプーには洗浄成分が配合されており、これを泡立ることで頭皮に付着したほこりや汚れを取り除く働きがあります。洗浄成分が高いシャンプーになると、毛穴に溜まってしまった皮脂もきれいに取り除いてくれるでしょう。ただし、頭皮の皮脂は保護膜の働きをしているため、皮脂の膜が完全になくなってしまうと、脳は頭皮を守るため「皮脂の産生量をもっと増やすように」という指示を送ります。これにより、毛穴は皮脂詰まりを起こすリスクがさらに高くなってしまうのです。ですから、あまり洗浄力の高いシャンプーは選ばないというのが賢明でしょう。また、洗浄力がそれほど高くないシャンプーでも、1日何度も使用しているとやはり皮脂を取りきってしまう可能性が高くなります。ですから、基本的に洗髪は1日1回、多くても2回程度にとどめておくのが良いでしょう。

敏感肌の人が洗浄力の高いシャンプーを使用すると、頭皮が荒れて炎症を起こしてしまうことがあります。炎症が起きると毛穴がふさがってしまうため、生えている毛髪が抜けやすくなってしまうのです。また、新しい毛髪も生え出てくることができません。ですから、「高級な育毛用シャンプーであれば薄毛に効果があるはず」と決めつけることのないように注意しましょう。むしろ、配合されている成分をきちんとチェックして、自分の肌に合った成分構成になっているかを確認することをおすすめします。シャンプーによっては原液を頭皮に直接塗布すると刺激が強すぎる場合がありますから、ネットなどを使って泡立ててから使うようにしてください。
下記サイトは、花王のシャンプー・リンス・トリートメントをカテゴリーごとに紹介するだけでなく、特徴をまとめています。こういったサイトで、自分に合いそうな製品を見つけるのも良いかもしれません。
花王 シャンプー・リンス・トリートメント

薄毛の人は毛髪1本1本が細くなって抜けやすくなっています。ですから、シャンプーを使って洗う前にブラッシングをしておき、髪の毛が絡まないようにしておきましょう。また、爪を立ててゴシゴシ洗いをするのではなく、指の腹で優しくマッサージをするようにして洗うことも大切です。シャンプーの泡をきちんと落としきる、という点も意識しておきましょう。シャンプーの泡が残ってしまうと、それが汚れとなって毛穴に詰まり、毛髪がさらに抜けやすい状態になってしまう可能性があるからです。